2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 中国自然歩道 鳥取県ルート再開 鳥取砂丘から | トップページ | JR余部駅から但馬松島を見ながら但馬今子浦へ »

2013年11月 7日 (木)

近畿自然歩道 日本海沿岸ルートを歩く JR諸寄駅~ 余部鉄橋

近畿自然歩道 兵庫県 日本海沿岸ルート

  今日から、近畿自然歩道 兵庫県 日本海沿岸ルートを歩きます。このルートは歩道区

 間とバス区間とから構成されて、基本的にバス区間は道しるべはありません。可能な限

 り、バス区間は旧道・古道を歩きました。

 2013/10/23 (水)  曇り雨     3日目    宿泊  民宿 川戸屋(余部鉄橋下)

         YH諸寄荘 ~JR浜坂駅~三尾~御崎~余部鉄橋  31km

         浜坂文学めぐりのみちコース と 但馬御火浦 漁火のみちコース

   JR諸寄駅から、矢城ヶ鼻灯台、登山家加藤文太郎記念碑をたどり、JR浜坂駅

   三尾トンネルを過ぎてから、但馬御火浦 日本海沿岸を余部鉄橋まで

    台風の影響で、15時過ぎから雨になりました。

Jr

    歩行軌跡(赤色線)と道しるべマークPhoto

歩行軌跡map

「map_hyougo1.jpg」をダウンロード

「map_hyougo2.jpg」をダウンロード

Google Mapで表示

より大きな地図で 2013-10-23 余部鉄橋 を表示

  6時45分 YH諸寄荘を出発

Dsc05454

  JR諸寄駅前の総合案内板

Dsc05459

Dsc05458

JR諸寄駅から海岸への途中 民家のブロック屏で見つけた、道しるべプレート

Dsc05464

   塩谷トンネルの手前を左折し、海岸線を歩き、城山園地を目指す

Dsc05468

Dsc05470

Dsc05472

 このコースは、人が歩いた形跡がなく、この道しるべ以降はやぶ 一時間費やし引返す

Dsc05474

 城山トンネルを抜け、逆のコースを行くことにする。 矢城ヶ鼻灯台へ

Dsc05476

Dsc05478

Dsc05479

 9時30分  矢城ヶ鼻灯台

Dsc05482

あの尾根を越えて、登山家 加藤文太郎記念碑へDsc05485

Dsc05489

この先から、地元の岳人といっしょに歩く(ガイド受けながら)

Dsc05490

 登山家加藤文太郎記念碑 (とにかくすごい人)

 冒険家の植村直己(同郷の日高町出身)が少年期よりの憧れの人 

Dsc05492

  城山園地Dsc05494 

  10時30分 JR浜坂駅

Dsc05499

 12時20分 三尾トンネル

Dsc05503

 三尾トンネルを抜けると、三尾集落と大島が見えてきた。

Dsc05505

  三尾の案内板  ここからは但馬御火浦のみちを歩く・林道 三尾~御崎線

                   山陰海岸ジオパーク

Dsc05512

Dsc05521

   不老の水で元気になる。

Dsc05523

Dsc05527

Dsc05532

Dsc05531

Dsc05534

    紅葉まだDsc05539  

Dsc05540
  

Dsc05543
 15時 余部埼灯台 

Dsc05545

Dsc05549
   

Dsc05551
  

Dsc05552  

  御崎集落の自然歩道案内板
 

Dsc05554
   

Dsc05560

    余部鉄橋が見えてきた。
  

Dsc05567  

    16時 伊岐佐神社Dsc05569
  

Dsc05573

  16時20分 雨の 余部鉄橋 橋梁下に到着
  

Dsc05575

  初代の旧橋梁 と 2代目の現橋梁
  

Dsc05577

« 中国自然歩道 鳥取県ルート再開 鳥取砂丘から | トップページ | JR余部駅から但馬松島を見ながら但馬今子浦へ »

近畿自然歩道 兵庫県ルート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近畿自然歩道 日本海沿岸ルートを歩く JR諸寄駅~ 余部鉄橋:

« 中国自然歩道 鳥取県ルート再開 鳥取砂丘から | トップページ | JR余部駅から但馬松島を見ながら但馬今子浦へ »

過去の記事